起業するために最も必要なこと

”するため”に、最も必要なことは何かと尋ねられれば、

「起業する意思」としか申し上げようがありません。

事業計画や資金、
税務の知識、
販売する商品やサービス、
オフィス、
法人設立の手続き、
のほか、
家族など周囲の理解、
退職のための手続き

など、いろいろ気になるものはありますが、
それはすべて「起業する意思」があって初めて意味を持ちます。

 

いくらお金を持っていても、
起業する期のない人はいくらでもいます。

売れる商品やサービスを調達できるからと言って、
全ての人が起業するわけではありません。

起業=法人の設立が必要
というわけでもありません。

家族の理解は必要かもしれませんが、
もし、あなたに強い「起業する意思」があれば、
説得を試みるでしょう。

 

「起業したいんだけど...」

と話す人に何人も会ったことがあります。

そして、起業のために何が障害になっているのかを聞かされます。

 

しかし、

 

本当に、

起業を望んでいますか?
起業を迫られていますか?
起業に魅力を感じていますか?

 

「起業する意思」が薄弱だから起業できないのではありませんか?

 

起業が誰にとっても最善とは思いません。

私自身も、起業は望みませんでした。

しかし、「起業したい」なら、本気でそのために行動すべきです。

私の知る限り、起業に大した障害はありません。

 

難しいのは、起業したのち、事業を継続するのが難しいだけです。

しかし、事業の成否は、試してみなければわかりません。

 

だとすれば、起業したい人は、強固な意志を持ち、トライするしかありません。

 

もちろん、事業のアイデア()は大切です。

 
 
放課後等デイサービス事業に関心をお持ちいただけた方は、
まず、放課後等デイサービス開業・運営支援資料をご請求ください。

放課後等デイサービス開業・運営資料請求

Tags: , ,

放課後デイの継続的な集客には、それを可能にする仕組が必要です。

放課後デイ経営者にとっては、「放課後デイサービスの集客をどうするか」 それが課題です よね…