福祉分野の事業

放課後等デイサービスは、
福祉分野の事業です。

そして、

福祉分野の多くの事業は、
税金や保険制度に依存して成り立っています。

 

放課後等デイサービスも例外ではありません。

利用者の負担に加え、
税金が運営を支えているのです。

 

また、

制度の設計は、
すべて国により行われています。

認可は都道府県・政令指定都市の担当により、
「事業者の指定」という形で行われます。

児童発達支援管理責任者のための講習は、
都道府県で行われています。

 

これら放課後デイの制度を支える仕組みもまた、

全て税金で賄われています。

 

多くの国民・企業が支払う税金によって、
放課後等デイサービスという事業は成り立っています。

このことは、

国民・企業が、
この福祉事業を営むために、
応分の負担をしているということを意味しています。

 

放課後等デイサービスという事業の制度は、
将来、変更されるかもしれません。

事業者にとって、
非常にきつい制度になることもあるかもしれません。

そのことを、今、心配される方がいらっしゃいます。

 

しかし、

多くを税金に依存する事業である以上、
それはやむかたないことです。

それも含め、
放課後等デイサービスなのですから。

 
 
放課後等デイサービス事業に関心をお持ちいただけた方は、
まず、放課後等デイサービス開業・運営支援資料をご請求ください。

放課後等デイサービス開業・運営資料請求

Tags: , ,

放課後デイの継続的な集客には、それを可能にする仕組が必要です。

放課後デイ経営者にとっては、「放課後デイサービスの集客をどうするか」 それが課題です よね…