放課後デイで行うこと・療育プログラム

保護者の放課後デイに対する期待は、
複数のものがりますが、

子どもたちの状況が改善することに対する期待は、
最も大きなものだと思います。

それに応えるために、
児童発達支援管理責任者は、
お子さんごとに、支援計画を作成しレビューします。

これが、高齢者に対する介護の場合と、最大の相違点ではないでしょうか。
むろん、放課後デイに対する役割期待には、介護と同様にレスパイトもあります。
また、高齢者の場合にも、状況の改善を望まないわけではありません。

 

しかし、お子さんの場合とお年寄りの場合では、期待の度合いが異なります。

 

その保護者の放課後デイに対する役割期待に応えられなければ、
「選ばれる」放課後デイとはなりえません。

 

そのために必要なことを、
放課後デイとして準備できているでしょうか?

あなたの施設は、
あなたがこれからつくろうとしている施設は、
どんな準備をしていますか?

 

「日々放課後デイで行うこと・療育のメニュー(プログラム)には、どんなものがありますか?」
というご質問を頂くことがあります。

様々なものを提供していますし、
メニューだけをコピーしても本質が伝わらないので、
基本的な考え方だけお伝えします。

 

それは、

個々の療育プログラム・メニューに目的を設定し、到達度の測定をきちんと行うことです。

 

子どもたちは遊びの中で成長していきます。
楽しむことで、集中して取り組むことができますし、
取り組むからこそ、コミュニケーションを体験することもできます。

遊びの中で多くのことを学んでいきますが、
そこに支援計画に沿った目的が設定されているからこそ、
子どもたちの成長を後押しすることが可能になるのです。

 

保護者のお子さんの成長に対する期待に応えることで、
初めて、「選ばれる」放課後デイとなることができます

 
 
放課後等デイサービス事業に関心をお持ちいただけた方は、
まず、放課後等デイサービス開業・運営支援資料をご請求ください。

放課後等デイサービス開業・運営資料請求

Tags: , , ,

放課後デイの継続的な集客には、それを可能にする仕組が必要です。

放課後デイ経営者にとっては、「放課後デイサービスの集客をどうするか」 それが課題です よね…